婦人科セラピー協会は、不妊や婦人科治療についての研究・情報発信・各種セミナーを行う「女性診療の研究協会」です。

分子栄養学に基づいた妊活

普段の食生活は本当に正しい?

「自閉症」「発達障害」「アトピー」を薬なしでも改善させる方法

現在、不妊に悩んでいるご夫婦は、増加していると言われています。
不妊の原因があるご夫婦もいれば、男性側・女性側にも見つからず途方に暮れてしまっている・・・。

そのような中で、妊娠するための光となるものに、オーソモレキュラー療法(栄養療法)があります。
日頃から食生活に気をつけている方でも、間違った情報だったり自分の体に合ってない食べ物を摂っていたり、見直しが必要な方が多いように感じます。

分子栄養学は、血液検査をもとに体の状態をより詳しく調べ、正常になるために必要な栄養素を補う栄養療法です。
「栄養に気をつけているけど、なかなか妊娠しない」
「本当にこれが正しいのか?」
そのような疑問を数字で確認し、ドクターと共有することで自分の体を見直します。

分子栄養学が妊活に必要なわけ

私たちの身体は、今まで口にした、食べ物(栄養素)から出来上がっていますよね。
つまり、妊活に必要な「卵子の質」や「精子の質」を良くしていくためには、これから口にする食べ物「栄養素」がカギを握っているわけです。

現代は飽食で、食事に困る人は少なくなってきました。
でも、いつでもどこでも四季関係なく食材が並び、栄養素の質が昔と比べて悪くなってきました。
つまり、栄養価の低い食材を摂取していることが多く、必要な栄養素が不足しやすい状況にあります。

また、食品添加物や環境汚染物質などによる身体への影響も年々増えてきているため、胃腸障害やアレルギーなどが起こりやすく、必要な栄養素の吸収を妨げてしまっているのです。

これらに対応するためには、一人一人に合った適切な栄養素を摂ることや体質改善が必要です。
「この食材は妊娠力を上げる!」
「このサプリを摂れば大丈夫!」
というような、魔法のようなことはありません。

「なぜこの食材がよいのか?」
「なぜこのサプリを摂る必要があるのか?」
抽象化せずに具体的なものにし、仮説を立てて患者さんと共有し、さらにアップデートするといった思考パターンを身につけ、より深いところから一人一人の体質をみることがとても重要です。

今までの積み上げてきた土台(カラダ)、生活環境は人それぞれ違います。
現在の栄養状態を、身体に現れる症状や採血データをもとにドクターと連携し、患者さんに合ったアドバイスをすることが求められる時代になりました。

栄養で即座に妊娠はしない。けれど、続けていれば必ず妊娠に近づきます。
マイナス2歳からの妊活で、妊娠期やその先の「赤ちゃんとママの生活」が笑顔で充実するための、お手伝いができる治療家を一緒に目指しませんか?

婦人科整体セラピー

  • 不妊治療について
  • 基礎科目(解剖学・生理学・婦人科基礎)
  • 病理学
  • 免疫学
  • 栄養学(オーソモレキュラー療法)
  • 東洋医学
  • 徒手療法(整体・クラニアルマニュピレーション)
  • 温熱刺激療法

毎回これらの内容を絡めながら進めていきます。
なかなか妊娠しない・・・原因がわからないと悩んでいたご夫婦から妊娠報告を受けたとき、新しい命の誕生に感動を覚えます。

家族の新しい未来を築くお手伝いをの方法を一緒に学んでみましょう。

婦人科薬膳セラピー

  • 婦人科薬膳
  • 基礎科目(解剖学・生理・婦人科基礎)
  • 東洋医学
  • 病理学
  • 免疫学
  • 栄養学(オーソモレキュラー療法)
  • 徒手療法(経絡トリートメント)
  • 温熱刺激療法

女性の体質改善を目指すうえで必要な東洋医学による体質改善を、薬膳と手技のコンビネーションで新たに進化した婦人科薬膳セラピー。
薬膳の知識や身についた技術は臨床現場だけではなく、大切な家族や友人にも生かすことができ、今後の人生にも応用できます。
料理が苦手な方でもまずは簡単に作れるレシピで、実践していきましょう。

Join us

お問い合わせ・ご入会

ご不明な点はお気軽に!

お問い合わせ

治療家、セラピスト、ボディワーカーさんに役立つ治療情報が盛りだくさん!

婦人科セラピー協会へのご入会

施術者向け無料メルマガ登録

セミナー動画を無料で見るなら!

お得な情報!メルマガ登録

まずは5日間で基本をマスター!

5日間無料メール講座

セミナー動画を見る

ご入会はこちら

pagetop